西村 和芳

画像
  •  

相続した不動産の管理でお困りではありませんか?

必要のない不動産をそのまま放置しておくと…
✔不動産を取得した相続人に対しても毎年固定資産税がかかる。
✔放置しておくことにより、不動産の価値が下がる。
など、様々なデメリットが生じます。
相続した不動産のことでお困りなら、第一不動産にご相談ください!
私たちがお客様を完全サポートいたします!
まずは、お気軽にご相談ください!

氏名 性別 区分 カテゴリー
男性 不動産系 宅地建物取引士
  • 画像
  • 画像
  • 画像

基本情報

氏名(ふりがな) 西村 和芳(にしむら かずよし)
区分 不動産系 カテゴリー 宅地建物取引士
性別 男性
電話番号 093-541-2311
住所 〒802-0002 福岡県北九州市小倉北区京町3丁目7-17 あいおいニッセイ同和損保北九州ビル6階
所属エリア 福岡県
所属エリア詳細
所属先名 第一不動産株式会社
プロフィール 講師歴:経済団体、銀行、保険会社等で講演。
バブル経済崩壊後、1994年、「資産デフレは更に進行する」と題して講演、2001年まで一貫して景気動向と地価の下げトレンドを的中させた。日銀の量的緩和以後は、二極化ながら資産インフレの可能性を示唆し、今回のミニバブル現象を指摘した。
2006年10月28日北京大学にて「日本経済と不動産」を特別講演。過去 5 年、中国、インド、ロシア、中東、アメリカ等を歴訪し、銀行、企業、不動産の現地調査を実地した。
2007年8月以降のサブプライムローン問題発生後は、グローバリゼーションの調整が続き、長期間、世界的な信用収縮が起きることを予測した。
2008年8月6日、東京講演でアメリカ金融危機第二弾(リーマンショック)を予測、その後、講演活動休止、その後、世界のマネーは縮小から拡大の方向へ動き、各国の過剰な資金供給により資産インフレ発生を予測した。現在は、アメリカの金融緩和縮小により、アメリカ、日本、ドイツ等、先進国へマネーが回帰すると予測している。

著書:We are 不動産プレーヤー 週刊住宅新聞社発行(共著)

学歴:北九州市立大学卒業

資格:土地家屋調査士・宅地建物取引主任者
   土地区画整理士
   賃貸不動産経営管理士登録番号(1)009608
   公認 不動産コンサルティングマスター 登録番号(4)第10016号

学会:日本土地法学会 日本不動産学会 日本FP学会
   日本公共政策学会

団体:(財)日本賃貸住宅管理協会
   (社)再開発コーディネーター協会
   福岡経済同友会
   小倉ロータリークラブ

会社:西村和芳土地家屋調査士事務所 代表 
   昭和52年11月設立
   第一不動産株式会社 代表取締役 
   昭和54年8月設立
リンク オフィシャルサイト
相続不動産相談

取扱分野

詳細 ◇事業内容◇
1.土地建物調査・測量及び表示に関する登記
2.不動産売買・仲介及び不動産賃貸管理
3.不動産有効活用及び財産相続に関するコンサルティング
4.企業に関するコンサルティング

対応エリア・料金

対応エリア
対応エリア詳細 北九州エリア
料金詳細

対応可能な曜日・時間

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
9:00~18:00 9:00~18:00 9:00~18:00 9:00~18:00 9:00~18:00 定休日 定休日
曜日詳細 定休日:土日祝日

アクセス

マップ

インタビュー

このページのトップへ